HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>SS

第二話:HEAT 熱戦

2003年5月20日 ベルーサ大陸ベルーサ社会主義共和国 西部海岸 爆撃機Tu-16 高度32000フィート SAT(特殊空挺隊) 第二大隊 01分遣隊 コールサインT・1 20:15
≪グリーンライト!!GO!GO!GO!!≫
SAT隊員たちが爆撃機から酸素マスク、防寒服、ラムエア式落下傘の重装備で降下していく。
≪30000・・・・29000・・・28000・・27000!NOW!!≫
バオッッ!!!ヒュオオオオ・・・・・

ラムエア式パラシュートが開き、持てる最大の速度で降下する。いや落下といったほうが良い。
≪着地まで後10秒・・・・・5秒・・・・タッチダウン≫
ドササッ・・・・
二階から飛び降りるほどの衝撃を緩和しつつ転がって衝撃を地面に逃がす。
≪潜入完了・・・T・1よりR・1、S・1へ作戦を開始する≫

ベルーサ領海域 新型スターリングエンジン搭載潜水艦「カイリュウ」艦内 特殊潜航艇内SSAT(海上特殊急襲隊)第一中隊第一分遣隊コールサインS・1
≪潜入完了・・・T・1よりR・1、S・1へ作戦を開始する≫
カイリュウの艦長は通信アンテナからそれを傍受すると直ぐに命令を下した。
「魚雷発射管1~8番注水!特殊潜航艇発射用意!!」
その命令は艦長から副長へ、副長から水雷長に下令された。
≪魚雷発射管1~8番注水完了!≫
「良し・・・1~8番全門斉射!!」
≪1~8番発射!!≫
ズンズンズンズンズンズンズンズン!!!!!シャアアアアアアア・・・・

特殊潜航艇一艘の中には二人の隊員が居る。合計16名
≪目標まで3マイル雷速35ノット目標天然洞窟湾部≫

西部海岸S・1より北方10km WAIR(西部方面普通科連隊)第五中隊第一偵察分隊コールサインR・1
≪潜入完了・・・T・1よりR・1、S・1へ作戦を開始する≫
T・1の無線を確認し複数の草が動き出した。ギリースーツに似たような感じではあるが、第二迷彩服・防弾服に現地の植物の葉っぱをつけただけだ。それでもかなり識別し辛い。
≪此方R・1了解・・・。これより戦闘を開始する・・・・。ロックンロール!!≫
ガシャ!!ジャカッ!!ジャキッ!!
≪Tango(目標、ここでは敵を指す)一時方向、Clear Fire!≫

ピンッピンッピンッピン!!!
腑抜けたサイレンサーの音がしたかと思うと、敵は直ぐ近くにあったコンテナに血をつけながら倒れた。此処は敵の拠点を一望できる丘だ。
≪TangoDAWN!!Move!!≫
バオン!!!ブオオオオオオオオオオオオオ!!!!

市販のヤマハ製のバイクの快音が響き、それに隊員たちが飛び乗り、敵拠点に向けて走り出した。その数6台。この拠点は長年テロリストの拠点として使われている天然の湾だ。岩をくりぬいて作られた施設の向こうに岩で上空から隠された天然の洞窟がある。そしてその施設の内陸側の広い砂地にはコンテナが無造作に捨ててあった。其処には歩哨が100人体制で見張っている。其処を隊員たちの乗ったバイクが縦横無尽に駆け巡っていく
≪Tango三時方向撃て!≫
ピンッピンッ!!
片手で01式小銃から銃弾を放ちながらもう片手でハンドル、アクセル、ブレーキを全てこなしていく。そうそう簡単に当たるものではないが、敵の牽制にはなる。
≪隊長見ましたか?奴等の装備・・≫
≪ああ・・・どいつもこいつもAK-103やらM16A4やらLA-85、FAMAS、さらにG36挙句の果てにはP-90まで持ってやがる・・・。こいつ等の動きも軍人っぽいな≫

敵に手榴弾を投げながら隊員の問いに答える。
≪此処が本拠って事ですよ。テロリストにも武器を売る超国家軍事企業、死の売人の武器庫≫
隊員は敵が慌てているのを良い事に、スタングレネードまでをもプレゼントする。
≪隊長、そろそろこっちの本命を用意しましょう。S・1とT・1が戦闘に入りました≫
≪了解だ。荒木一曹、ベルーサ軍正規部隊に連絡。敵拠点制圧も間も無く終了するとな≫
≪Roger≫

R・1隊長は余りにも脆弱なのに疑問を抱いた。これほどの大きな拠点なのに何故これほど防御能力が無いのか、と
≪TangoDown・・・AreaClear・・・妙だな。まあいい、西山二曹貴様がキッカーだ≫
敵を全員射殺したのを確認し、施設のドアの前にT・1と共に待機する。
≪了解、S・1苦戦中。援護しましょう≫
隊員の一人がすぐにドアに89式小銃を向ける
パン!パン!ドガン!!
≪breeching!!breeching!!≫
パン!パン!ピンッピンッピンッ!!

この施設はそれほど広くなく敵も居なかった突然の敵襲で応射する間も無く敵は射殺された。
≪S・1!無事か?≫
≪此方S・1、全員無事ですover!≫
≪了解。何か嫌な予感がする・・・。全員この拠点を我々の基地とし、防衛網を張る。防衛ラインをこの基地を扇状に、複数広げろ≫

R・1の隊長は非公式派遣での戦闘では他の誰よりも経験がある。全員それに直ぐ従った。
≪俺の読みが当たっていればこいつは罠だ≫

ノースポイント特殊部隊隊員達より東に2km 21:45
「奴等を確実にあの檻の中に閉じ込めた、今がチャンスだぜ」
テロリストがベルーサ軍の迷彩服を着た兵士と話している。
「よーし・・・全軍突撃ィ!!!!
この部隊はベルーサ軍軍令部の直轄部隊約500名の部隊だ。

ノースポイント特殊部隊 テロリスト・超国家軍事企業拠点 21:50
≪来たぞ!!≫
R・1の隊長が無線に叫んだ。暗視ゴーグルには敵兵がわらわらやってくるのが見える。
≪アルファーライン!!ギリギリまで引き付けろ!!ベータラインはトラップをアルファーラインが発砲してから使用しろ!シータラインは狙撃銃でサポート!!シータラインが最終防衛ラインだ。ぬかるなよ!!≫
≪≪≪了解≫≫≫

敵はじりじりとやって来る。それはまるでこっちの苛立ちを待っている様だ。
≪100mまで接近!そろそろ危険です!!≫
≪此方R・1。引き付けろ、20までだ≫
≪りょ、了解≫

敵はまた一歩、また一歩と地面を確かめながら接近してくる。
≪あと・・30歩・・・・20歩・・・・・10歩・・・・Open Fire!!≫
ダダダン!!!ダダダン!!!ダダダン!!!ダダダン!!!!!!
≪トラップ発動!!≫
ズガアン!!!ドゴオオン!!!グワン!!!

敵兵がC4の爆発によって全身を引き千切られながら吹き飛んでいくそれに加え、M249、01式小銃の突然の掃射で次から次へと射殺される。
≪キリがねえぞ!!クソッたれ!!≫
≪撃て撃て撃て!!≫
≪ヘリのETA(予想到着時刻)は何時だ!!≫
≪後20分!!≫

ダカカカカカカカカカカカカカ!!!!ドパパパパパパパパパ!!!!!タタタタタタ!!!
≪二十分!?そんなに持たんぞ!!≫
≪持たせろ!チッ!煙幕張りやがった!!≫
≪アルファーライン放棄!!ベータラインまで退け!!≫
≪了解!!クレイモアを置いていけ!!≫
≪仕掛けました!!全員撤収!!≫
ダラララララララ!!!!ドン!!パンパン!!シュカカカカカカ!!!
≪撤収完了!!奴等広がってくるぞ!!≫
≪全部隊へ!!一歩も譲るな!!≫
≪この音は・・・糞!!戦車だ!!≫
≪戦車だと!?R・1より各隊!今から軽MATを使用する!援護を!≫
≪了解!!全力射撃!!弾幕を張れ!!射ッッ!!≫
パパパパパパパパパパ!!!!タタタタタタタタタタタ!!!ドドドドドドド!!!
≪居た!ダイブモード・・・・ロックオン開始!≫

ピッピッピッピッ・・ビビビビ!!!
≪射ーーーーーッッ!!!≫
バシュ!シャアアア
アアアアアアアアアアアアアアアアア!ズガアアン!!!
≪ターゲット沈黙!!≫
≪ファルコン02!!ETAは!?≫
≪後12分!!≫
≪了解・・・・撃って撃って撃ちまくれ!!≫
ドン!!ドン!!ドン!!ドパパパパパパパパパ!!!ドウン!!ドウン!!!
≪敵が群れてくる!!手榴弾投擲!!出し惜しみをするな!!≫
チャッッピンッッ!ヒュオッ・・・ズズズズウウン!!ダララララララ!!!
≪チッ敵重機関銃か!火線をあいつに!!≫
≪射ッッ!!≫
パン!パン!パン!タン!タン!
≪これ以上は無理だ!シータラインに後退!≫
≪急げ!!爆発物は全て仕掛けろ!!≫
≪設置良し!撤収!!≫
パパパパパパパ!!!ダダダダダダダダ!!!ドカカカカカカ!!カン!!チュイイイン!
≪シータラインに撤収完了!これまでに死傷者零だ。俺達の悪運は大したもんだな!!≫
≪まだまだ!トラップ発動!!≫
ドガアン!!ズガアン!!!
≪敵はさらに広がってくるぞ!≫
≪ベルーサの野郎!!俺達を売りやがって!!≫
≪此方ファルコン02!LZ(回収地点)はそっちが居る施設屋上だ。ETAは3分!!≫
≪チェンジ・マグ!此方R・1!ファルコン02了解した!!各隊に次ぐ!LZは当施設屋上だ≫
≪此方T・1了解!!ETAは3分だな!!≫
≪此方S・1了解!!皆気合入れて行け!≫
ドン!ダンダンダン!!ドパパパパパパパパパパ!!!!チュウウン!ヒュン!カン!!キュウン!
≪あと少しだ。持ってくれよ!!≫
≪何か落ちて来るぞ!!≫
グワン!!ゴワン!!
≪迫撃砲だ!!シータラインを死守できんぞ!≫
≪敵の指揮官を捜して撃て!精度が下がる筈だ!!明かりも全て消せ!!やつらは暗視ゴーグルは持っていない!!≫
パン!ドン!ガウン!タン!
≪よーし敵の指揮官を狙撃したぞ!迫撃砲の精度は!?≫
≪ガタ落ちです!今の内にLZに!!≫
≪よおし・・・撤収!!move!!≫
≪走れ!後一分でヘリが来る!!≫
カン!チュウウン!!キン!!コウン!!ダダダダダダ!
≪shit fuck!ジャムった!!≫
≪落ち着け。正確に狙うんだ。≫
≪此方ファルコン02目標視認。S・1、T・1、R・1撤収準備をしろ≫
≪急いでくれよ!こっちは死傷者は出ていないが弾切れ寸前だ!≫
≪了解≫
バタタタタタタタタ!!キュッッ

二機のCH-47ヘリがビルの屋上に着地した。
≪脱出だ!≫
≪全員ヘリに分乗せよ!≫
≪うわ!犬だ!糞≫
タタン!!!
「キャウン!!」
≪こっちに来る!!隊長早く!!≫
≪ちい!敵兵が来た!喰らいやがれ!≫

R・1隊長はナイフを敵に向け投げつけた。見事敵の喉に直撃し大出血しながら敵は斃れた。隊長はそれを確認する間も無くヘリに飛び込んだ。
≪離脱する!≫
バタタタタタタ・・・・・・


fin
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://4253blog.blog115.fc2.com/tb.php/76-2543d473

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。