HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>SS

軍事研究第28回:F-Xに関する事案

http://www.afpbb.com/article/politics/2666846/4949346

・・・マジですか

この記事を読んだ時に、一番最初に頭をよぎった感想はこれしかなかった

我々に軍事マニアとって「最も可能性が低いであろう」と推測されていた機体が採用される見込みとなった

F-35

第5世代機だが、空対空戦闘能力はウェポンベイに計4発のAAMと貧弱そのものである

改修次第では、短距離AAM2発分のレールを取り付け可能ではある

しかし、空自の中距離用空対空ミサイル:AAM-4こと99式中距離空対空誘導弾では大きすぎてそのままではウェポンベイに収まらないだろう

中距離空対空ミサイルは一体どうするのであろうか?

それに、自国での生産は前にも言った通り、不可能だ

現在撤退中の企業の人的資源の戦闘機産業への復活は絶望的、といっても過言ではない

つまりF-XX(F-15後継)での国産戦闘機の可能性はグッと低くなる

さらには、FMSによる最も早い配備であっても2014年、つまりF-4の退役には絶対に間に合わない

普通に待てば、優先顧客のイスラエルやシンガポールの分もあるので2016~18年前後だ

その時期になれば、韓国もF-35を購入し、中露も自前のステルス機を出してくる

要は将来の継空脅威と対抗するには、戦力不足だ(F-4が完全に退役した後に揃え始める為、編成に時間がかかる)

それにFMSでは部品供給がちゃんと出来るのか、激しく不安が残る

有事の際に「稼働率が低くて使えません」では、お話にならない

正直言えば、この決定を信じたくも無いし、支持なんてできない

・・・と思っていた矢先、この情報に続報が一切なく、さらには防衛大臣に公式否定された事が確認された

「次期戦闘機はF-35で内定」は誤報だった模様?防衛とリアリズム


Q:F-Xの話なのですけれども、一部報道でF-35の方向だということなのですけれども、現在の検討状況というのはどうなのでしょうか。

A:あの報道は全く根拠がありません。従来、我々が内閣を引き受ける前に、色々と省内で検討したりしたことがあったことのパッチワークのような話が出ただけで、あれについてコメントする気もありませんし、防衛省の方針があそこに表れているということは全くありません。


大臣会見概要 平成21年11月24日

・・・・・・マジですか?(2回目)

要反転→管理人(むう、驚かされた。UPを遅らせたのは続報が無いかしばらく様子見していたからです)

さて、今回はこれの続きとしよう

前にも言った通り、F-35は実質無理な話である

F-XXの為に繋ぎ機体を購入するのが一番現実的だ

F-4EJ改の後継機に求められている能力をもう一度纏めると

・長い航続距離
・高い速度性能
・高度な空戦性能
・低被探知性(ステルス性)
・対艦/対地攻撃能力
・航空自衛隊における円滑な運用
・国内航空宇宙産業育成

この7点だ

この条件の多くを満たす機体はF-15FX/SEだろう

F-15E

MASDF

EAGLET

WORLD MILITARY GUIDE


F-100/110とF-15の機体フレームの加速性能や空戦能力、航続距離は既に実体験済み

F-15Kにおいて、対地/対艦攻撃能力がある事も確認済みだ

また、AN/APG-63(v)4レーダーの発展性がまだあり、十分高性能である

防空軍的な性格を持つ空自には持って来いであろう

ステルス性においては、未だに不明瞭な点が多い

F-15の場合、直線的なインレット(空気取り入れ口)がエンジンのブレードを隠す事が出来ていないからだ

エンジンブレードはレーダー波を正面に跳ね返す大きな要因になる

これがリフレクターとしての機能を果たし、RCS値が400まで跳ね上がる事もある
出典:http://www10.atwiki.jp/fsx375/pages/97.html
【F-35】JSF総合スレッドPart 3【X-32】

RCS値
F-15---405
F-4----100
B-52----99.5
Su-27----1
F-16-----5
F-18E/F--1
Rafale----1
Typhoon--0.5
F-22-----0.0065
F-117----0.003
B-2------0.0014

正面RCS値 ロシア機は憶測
Mig-29-----1.8
Su-27.-----1.3
F-16.------1
F-2.-------0.9
SU-33-----0.95
F/A-22----0.000002
F-35A-----0.000017

まあ、電子戦支援能力次第でレーダーから身を隠せるだろうが、常に受けれるとは限らない

次の候補は、EF-2000ユーロファイタータイフーンだ

EF-2000ユーロファイタータイフーン

WORLD MILITARY GUIDE

EAGLET


トランシェ3が候補に挙がっている

トランシェ3では、AESAレーダーや最新の先進アビオニスク、さらに強化されたエンジンを積みこむ最終バージョンと言っても良い

トランシェ2まで問題であった航続距離はCFT(コンフォーマル型燃料タンク)により改善され、候補機の中では最も加速性能が高い

また、防御能力もトランシェ1から英空軍仕様機でお墨付きである

機体の9割は炭素系複合素材等の非金属、これにより第4.5世代戦闘機中最小の正面RCSを持っている

また、空対空戦闘能力を一切落とさずに複合任務に就く事も出来る、スィングロール機でもある

さらには一番有利な条件で売り込まれている機体でもあるし、航空産業にも貢献する機体であろう

しかしながらレーダーの性能がイマイチであり、F-2程度のレーダー視程と推測される

仮に採用するのであれば編隊間データリンクやAEW(早期警戒機)やAWACS(早期警戒管制機)、レーダーサイトや移動警戒管制隊の支援が重要であろう

最後の候補は、F-2の増産だ

EAGLET


WORLD MILITARY GUIDE

国内産業に最も貢献し、第4.5世代戦闘機としては十分な性能を持ち合わせている事が最大のメリットである

防御能力も申し分なし、対地対艦性能も同様である

デメリットと言えば、機体の発展性と米国の生産部分の国内移転問題ぐらいであろう。日本の外交力にどこまで期待できるか・・・

当ブログ「SS」及び「防衛研究」には著作権があり、無許可転用を禁ずる
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://4253blog.blog115.fc2.com/tb.php/200-239009eb

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。