HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>防衛研究

軍事研究第22回:北も限界?(特にネタが無い)

米朝が言葉の場外乱闘「北朝鮮こそ知性ない」

米朝が言葉の場外乱闘「北朝鮮こそ知性ない」
 【ワシントン=黒瀬悦成】クローリー米国務次官補(広報担当)は23日、北朝鮮外務省報道官がクリントン国務長官について「知性が感じられない」などと発言したことに対し、「愚劣なのは、国民を養うに足る食べ物よりもミサイルの生産を選んでいる北朝鮮政府だ。北朝鮮政府が選んだ道こそ知性がない」と反論した。

 クリントン長官は20日、米テレビの報道番組で、北朝鮮を「小さい子供」や「手に負えない若者」になぞらえ、「相手にしてはいけない」と突き放した。対する北朝鮮は23日、長官を「小学生」「市場を歩き回るおばあさん」などと呼んで非難。北朝鮮に核放棄を迫る6か国協議が完全に停滞する中、米朝間による「言葉の場外乱闘」が過熱している。

・・・・アメリカも北も子供ですか・・・?

少しはあんな北を必死に擁護していた中国を見習ったらどうです。あれの方が遥かの知性があります

そんなのは置いといて・・・・

「1人1発の銃弾を」…北朝鮮、国民に呼びかけ

【瀋陽=牧野田亨】北朝鮮が7月に入り、米国などとの「死闘」を強調し、「1人が銃弾1発を寄付しよう」とのスローガンを掲げ、全国民に鉄製品などの供出を求める国民運動を展開していることが22日、中朝関係者の話でわかった。


 この関係者によると、運動は金日成(キムイルソン)主席の死去から15年にあたる8日から開始。「各人が肉弾となり、米国を筆頭とするすべての反動派との死闘を決意しよう」と訴え、「銃弾」の呼びかけに加えて「10人で砲弾1発を、1000人でミサイル1発を」と続くという。

 住民たちはくず鉄などを供出。食事に使うスプーンを出す小学生もいる。住民の間では、「銃弾何発」を提供したかが話題になっているという。


・・・・64年ほど前の敗戦直前の日本じゃあるまいに・・・・

まあ、追い詰められているのは良く分かるんですが・・・「くず鉄の銃弾」って・・・・普通鉛の方を使うでしょう。そちらの方が威力(以下略)

まあ、そんなこんなで・・・・北では随分金属不足が嘆かれているそうですね。向こうは相当焦っているのが目に見えます。かと言って、弾道弾の脅威が取り除かれた訳ではないのであしからず

逆に、まだ此方の態勢が整っていない状態で開戦させられると痛い。犠牲者がたくさん出るのは必至です

しかもこの不況から脱却しようと言う時に、崩壊した北の支援なんかさせられた日にゃあ・・・・

嫌なことばっかりですねぇ・・・・

当ブログ「SS」及び「防衛研究」には著作権があり、無許可転用を禁ずる
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://4253blog.blog115.fc2.com/tb.php/191-caa96d8a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。