HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>防衛研究

軍事研究第18回:敵策源地攻撃・MD・不正規戦に関する事案

今回は与党・政府がようやく軍備拡大へと動いた事と、北関連も合わせての研究となる

日本、軍拡路線へ

個人的には「遅すぎる」という感想がある。何故もっと早く気が付かなかったのか、と

しかし、過去を悔やんでもはじまらない。今後何をしていけばいいのかを論ずるべきだ

記事内には

・南西諸島周辺からグアム島方面にかけての領域で、中国軍に対する「航空・海上優勢の確保」などを明記した

・内閣直轄の対外情報機関の創設▽安倍政権が推進し福田政権が見送った「国家安全保障会議」(日本版NSC)の創設▽「国境離島(防人の島)新法」制定と離島の領域警備体制充実も新たに加えた

・敵基地攻撃能力としての海上発射型巡航ミサイル導入▽米国を狙う弾道ミサイルの迎撃などの集団的自衛権の行使容認▽他国との共同開発のための武器輸出三原則の見直しも盛り込んだ

とある。私が注目したいのは南西諸島周辺からグアム島方面の制空・制海権確保、敵基地攻撃能力としての海上発射型巡航ミサイル導入、離島の領域警備体制充実だ

まずは制空・制海権の確保、これは中国軍が急激に軍拡を進めている事への警戒の表れといえるだろう。制空権の確保に関しては現状で最も良いのはF‐Xに期待する事だ。これを那覇基地に展開させる。マルチロール機(ユーロファイタートランシェ3、F‐15FXのいずれかが適当だ。加速力・巡航速度・装備などから高い作戦遂行能力が得られるだろう)を配備するのが好ましく、さらに当基地に海自のXP-1を配備すれば海上攻撃能力は飛躍的に向上する。現時点ではF‐15しか無い為、沖縄方面の航空機による対水上戦闘能力は限定的だ。さらに望めるならば海上保安庁の艦艇を2隻程度南西諸島に常駐配備させれるならばその水上監視能力も上がる

敵基地攻撃能力としての海上発射型巡航ミサイルの保有とあるが、これは別の方法を議論・模索すべきだろう。ノドン等の日本の脅威となる中距離弾道弾の多くは移動発射式である。移動目標に対しては長時間飛行する巡航ミサイルは適しておらず、さらに防爆核ミサイルサイロへの有効な貫徹力もない。宝の持ち腐れになる可能性が高いのだ。これならば航空攻撃の方が現実的なのだ。かと言って現状の装備や他国軍の装備を見ても最適かつ決定的な装備品はないし、どうやって目標を発見するのかすら決まっていない。これから議論を尽くし、その取得運用方法を模索していく必要がある

離島の領域警備体制の充実に関しては、大賛成だ。しかし、そのために配備する部隊規模、装備品など、それもまた0からの模索となる。日本の離島はアフガニスタン・パキスタン・ベトナム・イラク・ソマリア・北アイルランドと言った対テロ・不正規戦争の教訓が生かせない場合が多い。周辺は海というとても侵入しやすいが、戦闘となればそこは監視の目が光る為に退路ではなくなり、煮えたぎる地獄の釜と同義だ。さらに日本の離島の多くは森林・市街地・港などでできている。ゲリコマ等の不正規戦や市街地戦、森林戦などの防衛側に相当人員・時間のかかる戦闘となる。状況がめまぐるしく変わる場所での戦闘は部隊規模、装備品の選定、防衛作戦の計画、人員の選定に最も苦労する。


話は変わるが、F‐22がF‐X候補に戻ってくる可能性が出てきた

F‐XへF‐22復帰か?

F‐22がF‐X候補へ戻る可能性とは、F‐22J-Ex(モンキーモデル)の事である

しかし、問題は多い。特に重要なのは時間だ。

前にも言った通り、空自の戦闘機のIRAN(定期整備)を担当するMHIが悲鳴を上げている。戦闘機の製造ラインが維持できなくなる可能性が出てきている。そうなれば、空自の戦闘機運用に大打撃が来るのは間違いない

これを解決するには早急にライセンス・ノックダウン生産で製造ラインを維持しなければならない

現実的に考えれば次のF‐X回せばいいが、空自は4機種以上の戦闘機運用はすべきではない

終戦直後の比較的安価な戦闘機とは異なり、現代の戦闘機は高価で整備・運用に多大なコストを必要とする。その為運用コストは高く、さらにそれぞれの戦闘機の部品は規格は統一されていても共有できないものが多い

その為、多くの機種を導入するとその分多くのマニュアル・装具を調達せねばならない。その分コストがかかり、現場にも混乱が生じるだろうし、予算を圧迫し、稼働率も落ちる

今さらF‐22が導入されてもそれが良いとは限らないのである

当ブログ「SS」及び「防衛研究」には著作権があり、無許可転用を禁ずる
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://4253blog.blog115.fc2.com/tb.php/185-5f3704a5

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。