HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>SS

第七話:国家を超えて

4月5日 ベルカ ガルテンブルク空軍基地 ネーヴェル隊舎 10:10
「信じられる?こんなの・・・」
リザ・ベルクマン大尉は、部下達に話した。グスタフ・ノイマンが戦死して間もなかったが、そんな悲しみを吹き飛ばすような話が入ってきたからだ。それは日の丸をつけたファントムである。
1日にデイレクタス基地で出撃準備中だった戦爆連合80機のど真ん中に単機で突っ込み、僅か15分の間に、8機の戦闘機を撃墜、撃破しさらに20機の爆撃機が地上撃破され、尚且つ一人の死者も出さなかったと言う話である。
「・・・信じられませんね・・・・まるで騎兵だ」
部下の一人、ウェル・フォン・シュライヒャー少尉は驚きの声を上げる。
「それにそのファントム、開戦初日に単機でロト隊の二番機を中破したそうよ」
「な!?フ、フレイジャー中佐の隊の!?」
ロト隊はベルカ空軍の顔と言うべき部隊。機体もTyhoonと高性能機で、さらに腕前もかなりのものである。
「今の所ウステイオでしか確認できてないけど注意が必要ね・・・あの白線のF-2もだけど」
「ええ・・・」
ギュワアアアア!!!
滑走路に轟音が走った。
「!?今の時間帯はフライトなんてないはずじゃ!?」
全員が滑走路を見た。
「ひ、日の丸ファントム!!??」

ベルカ ガルテンブルク空軍基地 誘導路 10:15
「ランデイング完了っと」
セツナは愛機を誘導路に入れ其処で停止した。
「!来た来た、警備兵と野次馬が!」
目線の先には、ライフルを持った警備兵と、野次馬らしき基地の整備員、搭乗員等が走ってきた。
「りょ、両手を挙げろ!!ぶ、武器を捨てるんだ!!」
警備兵が震えたベルカ語でこう言った。
(相当、動揺してるな・・・腹がいてえ)
笑いを堪えながら耐Gスーツを脱ぎ、制服姿になる。
「私はNASDF所属、遠征隊隊長のコバヤシセツナ三尉です!!私は武器の類は持ってはいない!!ベルガー・アルデンホフ少将閣下に会わせて頂きたい!!」
こう群集に向けてベルカ語で叫んだ。機から飛び降り、その群衆に向け歩き出す。唖然とする野次馬の中に、一組の男女を見つけた。
(! ウェル少尉にリザ大尉か・・・確かあの二人は婚約したんだっけ)

ベルカ ガルテンブルク空軍基地 基地司令室 10:20
「アドルフ曹長!入ります!!例の搭乗員を連れて来ました!」
「入れ・・・」
正直、司令は焦っていた。参戦国ではないとは言え、我が軍と交戦した奴をゲストとして迎えていいのか、と
「失礼します・・・コバヤシセツナ三尉です」
そう言うと、若い多少痩せた桜の階級章の制服姿の男が敬礼をした。模範的な敬礼である。
「うむ、遠征、ご苦労・・掛け給え」
「ハ・・失礼します」
席に座る男、コバヤシセツナ三尉はまっすぐ司令を見据えた
「お若いが・・いくつかな?」
「今年で19であります」
「ほう、うちの基地の最年少の隊員より二つも下か・・・もしかして我が軍で話題になっている[日の丸ファントム] は君かね?」
「ええ、そうです。予定では4月14日にクレスタに戻ります」
「うむ、聞いてはいる。が、他の隊員は?」
「戦争が始まり、撤収させました。私が残っている訳はウステイオの解放です。」
其処まで話を進め、司令はうーむと唸った。
「これでは簡単に返す訳には行かんな」
「もし帰さないと言うならば、実力行使をしてまででも帰ります。」
即答される。
「まあ、ベルカ上層部にはうまく言っておこう。9日間よろしく頼む。君の部屋は・・・そうだなネーヴェル隊の所にしておこう。下がっていいぞ三尉、案内はアドルフ曹長に頼む」
「ご高配有り難う御座います。失礼しました。」

ベルカ ガルテンブルク空軍基地 ネーヴェル隊舎 10:40
「た、た、た、大変です!!隊長!!」
様子を見に行ったヘルマンが大慌てで帰ってきた。
「どうしたの!?」
「れ、れ、例の日の丸ファントムのパイロットが我が隊舎に!!!」
其処まで聞いてリザは驚愕した。
「な、何ですって!!??」
あわてて外に出る。とそこには一人耐Gスーツを脇に抱えた、制服姿の男とライフルを持った兵士が3人此方に歩いてくる。こっちに気付いた様だ。足を止めこっちに敬礼をした。思わず敬礼をし返してしまった。
「NASDF所属、遠征隊隊長・コバヤシセツナ三尉!!9日間お世話になります!!」

ベルカ ガルテンブルク空軍基地 ネーヴェル隊舎 11:10
「・・・じゃあ、あの話は本当!?」
リザは驚きの声を上げた。
「そうです。ついでに言っときますが、私は何処の軍の指揮下にもありません」
セツナが付け加える。
「信じられない・・・・その若さで・・・・ウェルより若いじゃない・・・」
そこにマリーがやってきた。
「・・・あれ?見知らぬ人が・・・あなた、誰?」
ウェルが説明する。
「ああ、彼はセツナ三尉、協同訓練のために来たんだ。」
「本当に~~?なんか基地の皆さんは亡命だの、スパイだのって言ってますよ?」
マリーは疑いを捨てなかった。
「酷い言われようだな・・・」
セツナは呆れた声を上げた。


ベルカ ガルテンブルク空軍基地 滑走路 14:00
「やれやれ、整備員が勝手にしようとするから大変だった。」
セツナはまたも呆れた声をあげた。
<<本当に3対1でいいんですね?三尉>>
「ああ・・・だが、手加減しないからな。ネーヴェル隊の皆さんも本気で頼みますよ」
<<・・・3対1なんて勝てるわけないのに・・・>>
リザが呆れた声を出した。
<<ネーヴェル隊、デスサイズ、クリアードフォーテイクオフ>>
管制塔から離陸許可が出て発進する。目標は訓練空域Zである。

ベルカ 訓練空域Z 14:20
<<ブレイク・ナウ!!>>
リザが宣言した。
「本気で行くぞ・・・」
自らを無心にし、意識を集中させ、視界を広げる。長年、大自然で生き残る訓練をしてるうちに習得した、「無我の境地」である。常人では考えられないほどの力が出るのだ。
機を左にバンクさせ、二番機を狙う。当然後方に敵機が喰らい付く。一気にスパイラルダイブ。ここぞとばかりに三機が撃ってくる、が、掠りもしない。そして高度零飛行に入る。
「・・・遅すぎる・・・」
<<な、何て低い所を!?>>
ウェル達がが驚いてるうちに太陽に向かってA/BONで急上昇。敵の二番機が喰らいて来る。そして――
<<んな!!??き、消えた!?>>
ヘルマンはアドバンテージを採っていたのに突然、敵が消え、驚いた。
<<ヘルマンさん!!後ろです!!>>
<<え・・・>>
一気にペイント弾が機尾から操縦席にかけて当たった。
「戦場なら死んでますよ・・・」
そうセツナが言うと次の目標に機首を向けた。次はリザのF-35である。ヘッド・トウ・ヘッドで互いにレテイクルをあわせ、向かい合う
<<このぉ!!>>
「・・・・」
機関砲で撃ち合った。結果は―
「スプラッシュ1・・・・次でラスト・・・」
<<う~落とされた・・・ごめん、ウェル>>
リザのキャノピーに命中弾、しかもど真ん中。セツナに被弾なし。
<<隊長まで!?くそっ>>
ウェルはセツナの後ろに回りこんだ。またセツナは、太陽に向かって上昇する。
<<二度も木の葉落しには引っ掛かりませんよ!!>>
セツナは木の葉落しを仕掛けたが、ウェルも木の葉落しを仕掛けて、アドバンテージを維持する。
「・・・・・」
セツナはそのまま機首を水平にし、ウェルが戻るまで"待った"。
<<頂きィ!!――!?>>
セツナは失速域の愛機を地面から垂直にした。
<<コブラ!?くっ>>
ウェルもコブラで対抗する。が、セツナがしたのはもっと何倍もハイレベルなものだった。
ベシャシャシャ!!
<<な!!ダ、ダブルクルビットォ!?>>
ウェルのF-35は機体上部全体がペイント弾の着弾で染まった
「目標郡α、全機撃墜、生存者無し・・・ミッションコンプリート、RTB・・・サア帰りましょう」
セツナは無我からいつもどおりに戻った
<<し、信じられない・・・私達全機を6分で・・・・>>
リザやウェルは呆然としたまま基地に戻る事になった。

ベルカ ガルテンブルク空軍基地 ネーヴェル隊舎 15:30
「ねえ~教えて!!どうしてあんなに強いの!?」
リザはすでに10回目の台詞を吐いた。
「・・・・教えても・・・信じないと思いますがね・・・」
そう言うと、外で自分の機の清掃をするウェルとヘルマンを見た。
「やりすぎたな・・・御免なさい、ウェル少尉、ヘルマン少尉」
セツナはそう言うと五月蝿いリザをおいてウェルたちの手伝いに行った。

fin
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://4253blog.blog115.fc2.com/tb.php/13-aff94b29

コメント

なんてこった…
あのネーヴェルがたった6分で…orz
何だか悔しいぞw

…サンダーさんも言っていたけど、敵の巣に飛び込んでどうやって帰るのかしら。
まさか煙幕で姿を消すとか!<何でやねん
……なんかもう自信喪失です
<<こんなに早いなんて聞いてないぞ!?>>
拝見しました
遠征隊としての任務ですね
にしても、何でベルカ……
発想が背面飛行してます(笑

相変わらず強いなー、セツナ
どうでもいいんだが、9日目にどうやってクレスタに帰るんだ?
基地吹き飛ばすわけにもいかないだろうし…
今後も期待してます

後、他の方も書き込んでいってほしいですね
自分だけと言うのもなんか変な気が(苦笑

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。