HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>SS

命を何だと思っていやがるんだ・・・

本日17:30頃―――

バンッ!!

まるでトタン屋根に岩をぶつけたような音がして私は何だと、自宅のマンションの三階のベランダから外を覗いてみた。しかし何も見えない・・・・

10分後、インターネットを起動させた直後、消防車が閑静な団地の真ん中にサイレンの音を響かせて家の前で止まった。

今度はただ事ではないと思った私は家に施錠をして外に出た。家の前で消防の警務隊員と直ぐに到着した救急隊員等が駆けてきた。その先には人だかり。そして、その先には

血だまりに仰向けになった10~20代ちょっとの女性がいた。

近所の人に聞くと

「飛び降り自殺だって、何所の誰かは良く解らないのだけど・・・」

と言った。自分は取り乱す事も無く、冷静に処置が行なわれるその女性を見た。頭部には大きな切創、そこから血が止まらない。呼気は感じられず、心肺停止状態だろう。

実は私は人間の遺体を見るのは初めてではない。これまでに乗っていた電車が人身事故を起こしたのと親戚が病気で亡くなっているのを見たことがある。人身事故のは今思い出しても酷いものだったのは強烈に残っているし、親戚の御遺体は病気で殆ど骨と皮の状態だった。

現場には仕事から帰ってきた私の親もいた。聞けば、

「マンション(私の住むマンションの中の近所)の窓から飛び降りたらしい。誰かは良く分からない」

確かに見慣れない顔だった。AEDが装着され、人工呼吸や心マが続けられている。私が音に気付いて飛び出していて第一発見者なら直ちに119に連絡し、適切な処置をやっていただろう。親は買い物を済ませていたらしく買い物袋とバッグを持っていた。処置が終わり、女性が救急車に乗せられると私は現場検証を行なう警官らを邪魔しないように親の買い物袋とバッグを持ってさっさと退散した。自分が居た所で何も出来ないからだ。

後に親から聞いた所、隣近所の娘さんだったらしく、その親が目を離した隙に飛び降りたとの事だった。断っておくが私と彼女との接点は皆無である。

どんな悩み事があるかは知らなかったし、見たことも無い彼女が何を思って飛び降りたのかは知らない。私も自殺しようと思ったが、親への精神的、金銭的損失や小学校から苛められていた私だが、私を苛めていた者に対する反抗心からそれを実行する事はなかった。

今私は鉄道員を目指している。その世界では飛び込み等がしょっちゅう起きる世界である。私は彼等を止める権限は無いが、鉄道員の卵として止める義務がある。

だから、今自殺なんかを考えている者達に一言言いたい。

自分が死ぬことで、必ず悲しむ人間も居る。そして迷惑がる人間も居るし、それを片付ける人間がいて、それに対する費用を残された者に請求もされるかもしれない。だから、今一度考え直して欲しい。自分の命を断つのは自由だが、残された者は苦しむ事になるということは絶対に忘れないで欲しい。そして、”苦しまない死”なんて無いのだ。

そして、人を殺そうと考えている人、またはそれを言いふらす事で有名になろうとしている人たちにも言っておきたい。

例え冗談であっても、人によっては本気に取られかねないし。本当にやってしまった場合は警察から追われ、捕まったら刑務所行きはほぼ確定したと思って欲しい。そして絞首台への第一歩に繋がりかねない事も・・・・そして、運良く懲役20年だったとして出所しても・・・世間は貴方を冷たい目線で見続け、遺族からは一生恨まれるのを考えて欲しい。今時、精神鑑定で逃げられるのは極稀のようなものなのだ。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://4253blog.blog115.fc2.com/tb.php/125-921088fa

コメント

初めまして。
ACES COMMUNEの掲示板から飛んできました。

本当にはかないですよね。命って。人に限らず。
僕も元気だった祖母が急に亡くなってしまったので・・・。
いやしかし、いいこと書いてらっしゃいますね。全く同感です!
まだ人生これからなのに。。
自殺なんて、目の前のものから逃げてるだけですからね。
本当に楽になれるかなんてわからないし。。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。