スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軍事研究第20回:F-Xに関する事案§6(ステルスに関する話・防護ハンガーに関する話)

F-Xの最大最強候補F-22が日本への輸出を検討する議案が通って数日たった。果たしてオバマ大統領は拒否権を行使するのであろうか・・・

まあ、それをしてくれた方が防衛関連企業の自衛隊向けの部門は助かる。F-Xに関係する大口の契約の一つである戦闘機の生産・維持・開発などがあるが、F-Xを早期に決めなければならない状態になりつつある事を言わなければならないだろう

F-2の生産終了をもって戦闘機関連の生産ラインは閉じてしまう。そうなると技術を持った熟練工が他部門に散ってしまい、彼らが後任を育てる前に定年退職する可能性が高い

尚、新人から熟練工を育成する為に必要な期間は30年程度である

そうなってしまえば、戦闘機の生産が再開したとしても未熟な技工者が多くなってしまい問題が発生しても解決するまでの時間が長引く事、問題が多発する事、それらに伴うコスト増等が考えられる

そういった問題は当然ながら開発・整備といった事にも直結する。要は航空自衛隊の戦闘機運用で多大な支障が出るという事だ

さて、そろそろ本題に戻ろう

従来機(4.5世代戦闘機のF-X候補)に関しては先に挙げた様に従来機の能力比較も参照にして欲しい。

では、仮にF-22が輸出された。としよう。確かに航空戦力としては圧倒的なまでな向上は望める。だが、それは一時的な可能性が高い

F-22を導入できたとしても、FMSの可能性が非常に高い。さらには整備にロッキードマーチン社か米軍の関係者のみ、という事もありうる

さらには、部品調達で不利が生じる。部品供給が途絶えれば運用は非常に難しくなるだろう(FMS導入により他の機体の稼働率が低下+稼働率の低下+高額なので予算をただでさえ圧迫している=戦力の低下)

さらに言えば機体を改修して日本製のミサイル(特にAAM)を搭載できない可能性も非常に高い(特にAAM-4は指令送信機の為に大型化している。改修・・・出来るのか?)これに関しては米国議会と政府の許可(ライセンス取得後の改修以上に難しい)が必要不可欠だ

そして、時代に合わせた改修できる能力も戦闘機が生産されない事により格段に下がる(F-22の売りでもあるユニット式アビオニスクの意味が薄れる)

と言った様な極めて良くない事が連発する。出来れば従来機の方が良いのである

F-35は既にF-22に匹敵する様な価格となるだろうし、ライセンス生産取得まで時間のかかるものであるし、仮に米国仕様のが輸出されても上記の理由で戦力の低下を招きかねない。つまり、第5世代戦闘機は総合的に考えれば取得しない方が良いのだ。F-35までの繋ぎとしてF/A-18E/Fを導入したオーストラリア空軍の様に"繋ぎ"を用意すべきだろう(つまりF-XXで第5世代機を取得する)

因みに大規模な研究機関のSu-35を1とした場合のキルレートとRCS値は以下の通りだ

米国が実施したSu-27/Su-35との戦闘シミュレーション結果(被撃率)
U.S. F-22 10.1 : 1 (10.1 Su-35s lost for each F-22)
European Typhoon 4.5 : 1
French Rafale 1.0 : 1
Russian Su-35 1.0 : 1
U.S. F-15C 0.8 : 1
U.S. F-18D 0.4 : 1
U.S. F-18C 0.3 : 1
U.S. F-16C 0.3 : 1

イギリス防衛評価研究所(DERA)の試算
改良型Su-27(Su-35相当)との性能比較
F/A-22 "Raptor"        9:1 - 10:1
Eurofighter Typhoon       3:1 - 4.5:1
F-15 modernisiert(J改相当) 1.5:1
F-15E "Strike Eagle"     1.2:1
Rafale               1:1
F-18E/F "Super Hornet"   1:1.2 - 1:3
F-15C "Eagle"(pre相当)   1:1.3 ← 非MSIP F-15
F-18C "Hornet"         1:3.8
F-16C "Falcon" (Block 40)  1:3.8 

ステルス性(RCS)比較
           RCS(dBsm) RCS(平方m) RCS(平方ft)
F-15 Eagle         +26   400    4,305
F-4 Phantom II      +20   100   1,076
Su-27             +12   15     161
F-16 Fighting Falcon   +7     5       54
F-18E/F Super Hornet   0     1      11
Rafale            0      1      11
Typhoon           -3    0.5      5.5
F-22 Raptor         -22   0.0065   0.07

軍事板FAQwiki ロシア機 より引用

この結果をどう受け止めるかは個人の自由である。しかし、RCS値やキルレートを考えればユーロファイターの能力の高さが伺えると思う(個人的にはF/A-18を推しているので多少歯痒い・・・)

と言っても欧州機、規格違いである為整備性からその導入には多少高いハードルがある。ただ、かなり有利な条件も出されている。現状においてF-22の次に有利なのではないのだろうか。唯一痛いのはトランシェ3が出ていないのと、実戦の実績が無い事である

その次に有利なのがF-15SE/FXであろう。これらは多くの実績を持つ戦闘爆撃機だ。湾岸・アフガン・イラクにてその多大な搭載量を生かした作戦をこなしてきている

SEにおいてはRAM(レーダー吸収素材・塗装)を多用しレーダーブロッカーでステルス性を高めている。日本・韓国などのF-15ユーザー向けに約180機が製造されるとの事だが、その内の1/3~約半分を占める60~80機の需要があるF-Xにボーイングは期待しているだろう

しかし、待ってほしい。タイフーン・SEともに従来機だ。ステルス戦闘機とは、低RCS(レーダー断面積)、素材、ELINT、そして機内の構造から成り立っている

RAMを塗りたくれば良いと言う訳ではなく、機体の構造が従来機のままでは第5世代機と呼ぶには程遠いだろう

何故なら、非ステルス機の機体構造によってRAMに吸収されなかったり、機体で跳ね返らなかったレーダー波は機内に浸透する。これは決して避けられない事である。その時、機内構造がレーダー波の周波数に共振したり、跳ね返させたりする事が多い。つまりリフレクター(増幅反射器)の役割をしてしまうのだ

主に主翼、次に胴体や燃料タンクなどにその設計が為されているのであろうか?F-22がレーダーに捉まらないのはスーパーコンピューターと最新のCAD技術が合わさっていて、人間の脳では想像もつかない様なほんの僅かな機体の傾斜に考慮した結果でもあるからだ

次にELINT(電子情報の諜報)、自衛隊にとって頭の痛い話であろう。未だに進空しないC-Xとは異なり進空していて今後長い活躍が見込め、P-3C改修機退役前に任務に付けるであろう海自のXP-1の改修機ならともかく、空自のELINT機は耐用飛行時間が迫っているYS-11の改修型に頼っている。

C-Xが進空し、その発展形の一つである電子偵察型が出るまでの間、飛行が制限されていくだろう。ステルス機に重要なELINTが遅れる可能性がある。海自や在日米軍のデータを受け取れば良い、と思う方も多いが自前のものを装備した方が安上がり且つ制約もない。その上自分で情報を得られるなどの利点がある

こういった問題点を解消せねばならないというのが、空自におかれている現状なのだが・・・もう一つ、空自に問題点がある

それは「防護ハンガー」だ

空自はDCA(防勢対航空作戦)である事は周知の通りであろう。しかし、それに海上の航空優勢確保に必要不可欠な航空機を護る強固な掩蔽体があまり無い。完備されているのは千歳基地のみである

世界第2位の空軍(当然ながらトップはUSAFである。第3位は航空自衛隊だ)であるイスラエル空軍はエジプト空軍に「完全な奇襲攻撃」を受けた第4次中東戦争においての地上での損耗は少なかった。何故なら多くの空軍基地に防護ハンガーを設けていたからだ

今はレーダーの発達によりその様な航空攻撃による奇襲をするのは難しい。ただし、第5世代戦闘機に関してはどうかと思う点もある

しかし、ゲリコマの攻撃はどうだろう。彼らはRPG(対人・装甲ロケット弾無反動砲発射機)を持っていると推測され、戦車の側面・後方装甲を貫く事が十分可能だ。それだけの威力を持っていれば唯のハンガーなど紙切れ同然である。下手すると口径20mm程度のアンチマテリアルライフルで貫けるかもしれない

航空機は地上にいる間は何も出来ない、ただの高価な的でしかない。あまり知られてないが、旅客機は拳銃弾でも弾は抜ける。エアマーシャルの様なプロ以外が不用意に発砲すれば機体の重要システムが破損するだろう。戦闘機は一応装甲化されているがE-767・KC-767・C-X・P-Xなどは基本的に装甲は施されていない。喰らえば一溜りもないだろう

そうなれば離陸は出来なくなる。当然RPG等と言った対物火器を喰らえば、二度と使い物にならないだろう。仮にHEAT弾頭を喰らったと仮定すると表面上はあまり損害が無いように見えても、中身はジェット噴射でグチャグチャなのだ

特に沖縄の那覇基地は大きな問題である。沖縄には第204飛行隊が展開しているし在日米軍のF-15や臨時配備の繰り返されるF-22もいる。在日米軍の基地はともかく、那覇基地には防護ハンガーが無いに等しい。アラートハンガーが辛うじて施されているかどうか・・・

日本は戦略的縦深が浅く、敵軍に上陸されれば負けに近い。例え空海戦力が残っていても、である

今後出てくるであろう第5世代戦闘機やゲリコマに貴重な航空戦力を奪われたくなければ、防護ハンガーの新設も急務なのである

当ブログ「SS」及び「防衛研究」には著作権があり、無許可転用を禁ずる
スポンサーサイト

軍事研究第19回:F‐X選定に関する事案§5

今回も゛また゛F‐Xです。やはり気になるものです。候補の詳しい解説(上級者向け、前編が機体解説・後編が機体の配備状況、ミッション内容)

F‐15(FX)
前編

後編


F/A-18E・F
前編

後編


ユーロファイター
前編

後編


以上が現状において最も可能性のあるF‐X候補だ。(恐らく全部見るのに3時間はかかるだろうが・・・)

空自のF‐Xの要求は他国空軍とは異なり、かなり特殊なものになっている。今回特にクローズアップされているのが

・長い航続距離
・高い速度性能
・高度な空戦性能
・低被探知性(ステルス性)
・対艦/対地攻撃能力
・航空自衛隊における円滑な運用
・国内航空宇宙産業育成

といった具合である

F‐35はもはや候補から外されたのも同然な扱い、F‐22の輸出型開発ももう間に合わない。となれば、この3機種又はF‐15(FX・SE)vsユーロファイター(トランシェ2・3)かF/A-18E・F※vsユーロファイターとなる(F-15・F/A-18はボーイング製品なので売りに来るとすれば片方しかない)

※と言ってもSEの登場で事実上のF-15vsユーロファイターだが

では3機種の能力を見てみよう
ユーロファイター(トランシェ3)
・レーダーは機械式ながらも比較的強力だったキャプターレーダーからAESA化されたレーダーへ変更(レーダーの能力向上、現在試験中)
・PIRATE(IRST+FLIR)の能力とAESAの組み合わせによりトランシェ3はさらなる対地・高隠密性対空攻撃能力を得ている(F-15・F/A-18は機外搭載装備品・さらにライトにングⅢを機体胴部下面に搭載可能)
・正面象限RCSは第4.5世代機最少、側面はF-16の3倍増
・超音速巡航能力所持(さらなる遠距離からの攻撃が可能となり、離脱も早い)
・対電子戦・自己防衛能力もデコイ・チャフ・フレア・RWR(レーダー警戒受信機)・レーザー警戒受信機・ALAAM・HARMによるWW(ワイルドウィーゼル:防空網制圧)能力など当初より豊富・強力である
・FBW・カナード+デルタ翼による低速時の高い機動性・デルタ翼機の特徴である高速一撃離脱も強い
・WVRAAMのインターフェースは自衛隊の使用するものと同等で流用可能だが、BVRAAM用の半込み式ランチャーにAAM-4の太さでは入らない(要改修)
・トランシェ3ではコンフォーマルタンクが新設され、航続距離が延びる
・エンジン出力も上げられ、現状でも推力重量比は10:1(ドライ時)近くとされる
・BAESから機体への改造が許可をされている(ただし、その情報を共有する)
・その為、これに施した改造後の結果をATD-Xに反映できる(ATD-Xの先、次のF-Xの際に国産機として出る可能性が上がる)
・トランシェ3はまだ出来ていない(限定対地能力仕様のトランシェ2ならばある)

F-15FX/SE
・設計が古い。特にFX仕様の場合、正面象限RCSが450以上(F-16を1とした場合)に跳ね上がる場合がある(エンジンのフィンが正面から見て露出しており、これがレーダー反射面積増大の理由)
・ただしSEの基本性能verならばこれは解決される(最大でF-35並の低正面象限RCS)
・いずれもF-15の対空戦闘能力を引き延ばしつつも(APG-63(V)3・AESAレーダー搭載)、非常に高い対地攻撃能力を持っている(APG-63(V)3対地モード、LANTIRNやスナイパーXRポッドなど)
・搭載量では圧倒的(空対空においてもステーションNo.1・No.9が使用できるようになり自衛隊のWVRAAM・AAM-5を追加で4基搭載できる)
・LANTIRNポッド(暗視装置、レーザー照射装置、地形追従レーダー)を常時搭載している。対地・対空レーダーに合成開口能力を備えたAN/APG-70を採用しており、LANTIRN(航法用ポッドAN/AAQ-13と照準ポッドAN/AAQ-14のセット)と組み合わせて目標の地図を瞬時に作成する。これらにより、夜間での山間部飛行も可能としている
・しかしソフトウェアの輸出規制に抵触する可能性があり、その面では不利
・バンカーバスター(高貫徹力誘導爆弾)・SLAM-ER(長距離空対地スタンドオフ兵器・パイロットが目標選択可能)の運用能力がある
・SEもまだ実機どころかウェポンベイの技術実証機すら出てきておらず、SEの装備(ウェポンベイ付コンフォーマルタンク・レーダーブロッカー・レーダー吸収塗装・素材)がFXに追加される可能性が高い
・航続距離・戦闘行動半径などもずば抜けているが、超音速巡航能力は無い
・F-15Jに比べ若干格闘戦能力が低下している(HMDを用いない場合)

F/A-18E・F(Block2仕様)
・格闘戦能力が非常に高く、一機種で高度な対空・対地・対艦戦闘を展開でき、空中給油(E型のみ)・電子戦(F型をEA-18Gに改修すれば可能となる)までもが可能
・加速性能が悪い 
・超音速巡航能力は無い
・航続距離が短く、増大化も不可能
・最新鋭のアビオニスクと高いレーダー性能を持つ
・左右非対称装備により、どのような任務にも即時対応できる(この3機種は対地・対空混合搭載が可能だが、対空・対地を同時に運用できるのはF/A-18Fのみ)
・既に配備が始まっており、すぐにでも機体を配備できる
・AMRAAMを12基、AIM-7相当でも8基と非常に高い空対空戦闘能力を持つ(同時8目標に対し攻撃が可能)
・騒音値が高い(ターボジェットのF-4よりは小さいが)

いずれもデータリンク装備はNATO規格である。若しくは僚機・AWACS・地上施設と連接・情報共有できる


なおイギリス防衛評価研究所(DERA)の試算(実際の戦闘機パイロットがJOUSTシステムと呼ばれる戦闘シミュレーターを使用し、仮想敵機スホイSu-35と西側諸国の戦闘機が交戦したケースをシミュレートした)では
Su-35を1として
ロッキード・マーチン F-22 ラプター 9.0:1
ユーロファイター・タイフーン 4.5:1
スホーイ Su-35 フランカー 1.0:1
ダッソー ラファールC 1.0:1
ボーイング F-15CMSIPⅡ イーグル 1.5:1
ボーイング F/A-18+ 0.4:1
ボーイング F/A-18C 0.3:1
ロッキード・マーチン F-16C 0.3:1

とされている。贔屓されている可能性は完全に否定できないものの、信頼性はかなりある数字だろう(他の研究組織の数値がないのもあるが)

なお、F/A-18+とはF/A-18Cの能力向上型である。ライノ(F/A-18E・Fの公式愛称)は少なくともF-15CMSIPⅡ以上の対空戦闘能力は保持しているが、F-15E系列はF-15CMSIPⅡと同等の対空戦闘能力を有している 。しかし、F-15SEの装備を装着できればF-15FXは一気に性能が向上する(ステルス性の向上=生残・隠密性の向上=攻撃・防御能力向上)

なのでまとめると以下の様になる

・空対空戦闘能力 ユーロファイター≧F-15FX(SE装備)>F/A-18E・F>F-15FX(SE装備なし)

・空対地戦闘能力 F-15FX≧F/A-18E・F>ユーロファイター(トランシェ3独自改良型)>ユーロファイター(トランシェ2独自改良型)

・空対艦戦闘能力(対水上レーダーの視程・対艦ミサイル搭載可能本数) F/A-18E・F>F-15FX>ユーロファイター

・友軍機支援能力 F/A-18E・F>ユーロファイター≧F‐15FX

・ADIZ侵入彼我不明機対処能力 ユーロファイター>F‐15FX>F/A-18E・F

・敵地攻撃能力 ユーロファイター(トランシェ3独自改良機)>F-15FX≧F/A-18E・F>ユーロファイター(トランシェ2独自改良機)

・柔軟な作戦遂行能力 F/A-18E・F>ユーロファイター>F-15FX

・自己(編隊)防御能力 F/A-18F(EA-18G改修対応機)>ユーロファイター≧F/A-18E>F-15FX

・戦力化(独自試作型生産・改良・量産機生産・試験・配備)までに要する時間 F/A-18E・F≦F-15FX<ユーロファイター

恐らくはこのような形になるだろう

なお、空中給油の受油方式に関してはC‐130Hの完全なKC型化、若しくは機体の方の改修(ユーロファイターは改修をやり易いとの事)で対応する

当ブログ「SS」及び「防衛研究」には著作権があり、無許可転用を禁ずる

軍事研究第18回:敵策源地攻撃・MD・不正規戦に関する事案

今回は与党・政府がようやく軍備拡大へと動いた事と、北関連も合わせての研究となる

日本、軍拡路線へ

個人的には「遅すぎる」という感想がある。何故もっと早く気が付かなかったのか、と

しかし、過去を悔やんでもはじまらない。今後何をしていけばいいのかを論ずるべきだ

記事内には

・南西諸島周辺からグアム島方面にかけての領域で、中国軍に対する「航空・海上優勢の確保」などを明記した

・内閣直轄の対外情報機関の創設▽安倍政権が推進し福田政権が見送った「国家安全保障会議」(日本版NSC)の創設▽「国境離島(防人の島)新法」制定と離島の領域警備体制充実も新たに加えた

・敵基地攻撃能力としての海上発射型巡航ミサイル導入▽米国を狙う弾道ミサイルの迎撃などの集団的自衛権の行使容認▽他国との共同開発のための武器輸出三原則の見直しも盛り込んだ

とある。私が注目したいのは南西諸島周辺からグアム島方面の制空・制海権確保、敵基地攻撃能力としての海上発射型巡航ミサイル導入、離島の領域警備体制充実だ

まずは制空・制海権の確保、これは中国軍が急激に軍拡を進めている事への警戒の表れといえるだろう。制空権の確保に関しては現状で最も良いのはF‐Xに期待する事だ。これを那覇基地に展開させる。マルチロール機(ユーロファイタートランシェ3、F‐15FXのいずれかが適当だ。加速力・巡航速度・装備などから高い作戦遂行能力が得られるだろう)を配備するのが好ましく、さらに当基地に海自のXP-1を配備すれば海上攻撃能力は飛躍的に向上する。現時点ではF‐15しか無い為、沖縄方面の航空機による対水上戦闘能力は限定的だ。さらに望めるならば海上保安庁の艦艇を2隻程度南西諸島に常駐配備させれるならばその水上監視能力も上がる

敵基地攻撃能力としての海上発射型巡航ミサイルの保有とあるが、これは別の方法を議論・模索すべきだろう。ノドン等の日本の脅威となる中距離弾道弾の多くは移動発射式である。移動目標に対しては長時間飛行する巡航ミサイルは適しておらず、さらに防爆核ミサイルサイロへの有効な貫徹力もない。宝の持ち腐れになる可能性が高いのだ。これならば航空攻撃の方が現実的なのだ。かと言って現状の装備や他国軍の装備を見ても最適かつ決定的な装備品はないし、どうやって目標を発見するのかすら決まっていない。これから議論を尽くし、その取得運用方法を模索していく必要がある

離島の領域警備体制の充実に関しては、大賛成だ。しかし、そのために配備する部隊規模、装備品など、それもまた0からの模索となる。日本の離島はアフガニスタン・パキスタン・ベトナム・イラク・ソマリア・北アイルランドと言った対テロ・不正規戦争の教訓が生かせない場合が多い。周辺は海というとても侵入しやすいが、戦闘となればそこは監視の目が光る為に退路ではなくなり、煮えたぎる地獄の釜と同義だ。さらに日本の離島の多くは森林・市街地・港などでできている。ゲリコマ等の不正規戦や市街地戦、森林戦などの防衛側に相当人員・時間のかかる戦闘となる。状況がめまぐるしく変わる場所での戦闘は部隊規模、装備品の選定、防衛作戦の計画、人員の選定に最も苦労する。


話は変わるが、F‐22がF‐X候補に戻ってくる可能性が出てきた

F‐XへF‐22復帰か?

F‐22がF‐X候補へ戻る可能性とは、F‐22J-Ex(モンキーモデル)の事である

しかし、問題は多い。特に重要なのは時間だ。

前にも言った通り、空自の戦闘機のIRAN(定期整備)を担当するMHIが悲鳴を上げている。戦闘機の製造ラインが維持できなくなる可能性が出てきている。そうなれば、空自の戦闘機運用に大打撃が来るのは間違いない

これを解決するには早急にライセンス・ノックダウン生産で製造ラインを維持しなければならない

現実的に考えれば次のF‐X回せばいいが、空自は4機種以上の戦闘機運用はすべきではない

終戦直後の比較的安価な戦闘機とは異なり、現代の戦闘機は高価で整備・運用に多大なコストを必要とする。その為運用コストは高く、さらにそれぞれの戦闘機の部品は規格は統一されていても共有できないものが多い

その為、多くの機種を導入するとその分多くのマニュアル・装具を調達せねばならない。その分コストがかかり、現場にも混乱が生じるだろうし、予算を圧迫し、稼働率も落ちる

今さらF‐22が導入されてもそれが良いとは限らないのである

当ブログ「SS」及び「防衛研究」には著作権があり、無許可転用を禁ずる

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。