スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F-35B、2016年に岩国に配備

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&rel=j7&k=2010100400540

【ワシントン時事】米海兵隊が次世代戦闘機F35を2016年10月から米軍岩国基地(山口県岩国市)に配備する計画が4日、海兵隊の「11会計年度海兵航空計画」で明らかになった。
 米国防総省は空・海軍、海兵隊が要求する性能に応じて3タイプのF35を開発中で、海兵隊仕様が最も開発が進んでいる。在日米軍基地では岩国基地に最初に配備される見通しだ。F35の日本配備は、軍拡著しい中国や、北朝鮮の挑発行為への抑止力の役目も担う。
 配備されるのは、海兵隊向けに強襲揚陸艦や小さな飛行場でも運用できるよう設計された垂直着陸型のF35。米国の基地周辺では、強力なエンジンによる騒音を懸念する声も出ている。AV8ハリアー戦闘攻撃機やFA18ホーネットの後継機となる。
 計画では、岩国基地の第12海兵航空群に展開している第224戦闘攻撃中隊が14年1月からビューフォート基地(サウスカロライナ州)に戻り、機種変更訓練を実施。16年10月に岩国基地にF35を16機配備する。 
 海兵隊は「海兵隊仕様のF35の開発は13会計年度(12年10月~13年9月)に初期戦闘能力を取得することに向けて順調に進んでいる。F35は地上部隊の近接支援や攻撃、偵察、電子戦に威力を発揮する」としている。
 F35は航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)の候補にもなっている。



今のF-Xだと第5世代戦闘機の日本への常駐配備となるかもしれないですね。
スポンサーサイト

普天間基地移設問題に関しての知識が薄い小沢

小沢氏「海兵隊不要」に防衛省困惑
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100903/stt1009032104011-n1.htm

在沖海兵隊、小沢氏「2千人」 岡田外相は1万人と反論
http://www.asahi.com/politics/update/0903/TKY201009030543.html

幾らなんでも次期首相候補がこれじゃ困るんだが

在日米軍何やってんだww

http://www.usfj.mil/Manga/Index.html

とうとう在日米軍も萌え化の波が・・・・

んまあ、素人には分かりやすいんでない?

F-15SEのデモンストレーター機初飛行

F-15E1が初飛行

http://www.flightglobal.com/blogs/the-dewline/2010/07/f-15-flies-with-conformal-weap.html

http://boeing.mediaroom.com/index.php?s=43&item=1304

ウェポンベイをつけただけの、F-15Eからの改造機の様です

垂直尾翼はそのままですね

http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C889DE3E2EBE7E0E7EBE2E3E1E2E5E0E2E3E29C9CE2E2E2E2;at=ALL

http://www.baesystems.com/Sites/Taranis/index.htm

イギリスの無人ステルス攻撃機タラニス(Taranis)が公開されました

名前の由来は、グレートブリテン島の先住民のケルト人に伝わる雷神の名前との事

X-47のパクr・・・ゲフンゲフン

もとい、X-47に似てますね。元をたどるとB-2辺りですが、攻撃機としては最も優れたステルス形状なのでしょうかね

はやぶさ再突入確認、回収作業へ!

http://www.ustream.tv/recorded/7634995

http://www.youtube.com/watch?v=kj070PGM5bY&feature=player_embedded

動画

http://www.yomiuri.co.jp/zoom/20100613-OYT9I00808.htm

20100613-787567-1-L.jpg

読売新聞社員による再突入時の写真

http://twitpic.com/1wh85k

NASAが捉えたはやぶさ

ニコ生で、ビーコンも確認されました!

後は、イトカワの破片がカプセルに入っているかどうかです

これさえ、これさえ入っていれば「はやぶさ」プロジェクトは、凄まじい困難を乗り越えて全ての任務が成功した事になります

「はやぶさ」が送ってきた、最期の映像
canvas.png

地球は、美しい

軍事講義第四回:データリンクとは?

昨今の軍隊では、RMA化が激しく行われている

RMAとは「軍事における革命 (Revolution in Military Affairs)」の略称の事だ

軍事に関する諸要素の「革命的な変化」を指すが、現代では「情報による軍事革命」をRMAと呼ぶ

その要素とは

・敵より強力な情報収集能力

・情報の高いレベルでの管理・運用能力

・戦力を構成する部隊間での密接な連携

・最小限かつ効果的な攻撃能力(命中率)

・多種多様な攻撃からの防御能力(直接攻撃の他にも、サイバー・テロ攻撃などへの防御)


その中核をなすのがデータリンクだ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E8%A1%93%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF

ELEC_Link-16_Scenario_lg.jpg

データリンクは「ネットワーク中心の戦い:NCW(Network-Centric Warfare)」に必要不可欠な存在である

NCWのコンセプトは「センサー機能、意思決定機能、攻撃機能をネットワークで連接することで戦闘力を増大する」ことだ

総司令官等の意思決定者から末端の兵士までが常に全体像を捉え、意思決定者は戦況を考えながら兵士を行動させる

これが現代のデータリンクだ

因みに、NCW以前の戦いは「従来の「消耗戦」に代表される戦車・艦艇・航空機といったプラットホーム中心の戦いPCW : Platform Centric Warfare」とされている

色々始めました

mixiとTwitter始めました

http://mixi.jp/home.pl?from=h_logo

http://twitter.com/

名称はmixiは「ライノ」、Twitterは「ANAPG67」です

軍事研究30回:PAK FAについてのまとめ

お待たせしました

まずはPAKFAです。XC-2は情報収集中なので後日に・・・

映像


三面図
http://s40.radikal.ru/i088/1001/03/db7c2ffe4454.png
二面図
050.jpg

50_100.jpg

下面部やコックピット周辺など(下面部にはウェポンベイらしきモノが見受けられる。また、キャノピーは分割式である)
http://www.kommersant.ru/dark-gallery.aspx?PicsID=415335&stpid=65

他機種との比較
F-22
134630610.jpg
YF-23・F-22
134630989.jpg
YF-23
comparison5.jpg
YF-23(後方)
comparison3y.jpg
YF-23(斜め前)
yf23vst50.jpg
F-22・YF-23・F-35(下面・大きさ)
pakfayf23f22f35copy.jpg

ノーボスチ新聞より
http://en.rian.ru/mlitary_news/20100129/157717728.html
・新型空対空ミサイル8か誘導爆弾2を搭載可能
・2,000km/h以上の速度で巡航可能
・強力なベクタードスラストエンジン
・高いコストパフォーマンス
・赤外線放射抑制技術
・複合素材による重量低減
・兵器輸出における新しい重要品目となる

インド国防省関係者の話
・間もなくFGFAの製造に関する協定がOAK(統合航空機製造会社)とHAL(ヒンダスタン航空機)の間で締結される
・製造数は、インドとロシア向けにそれぞれ250機
・開発費は80-100億ドル
・RCS(レーダー反射断面積)は0.5平方メートルでSu-30の約1/40
・重量は30-35トン
・レーダー、赤外線などのセンサー情報を共有可能

WikiだとRCSは0.05㎡になっている
http://ru.wikipedia.org/wiki/%D0%9F%D0%B5%D1%80%D1%81%D0%BF%D0%B5%D0%BA%D1%82%D0%B8%D0%B2%D0%BD%D1%8B%D0%B9_%D0%B0%D0%B2%D0%B8%D0%B0%D1%86%D0%B8%D0%BE%D0%BD%D0%BD%D1%8B%D0%B9_%D0%BA%D0%BE%D0%BC%D0%BF%D0%BB%D0%B5%D0%BA%D1%81_%D1%84%D1%80%D0%BE%D0%BD%D1%82%D0%BE%D0%B2%D0%BE%D0%B9_%D0%B0%D0%B2%D0%B8%D0%B0%D1%86%D0%B8%D0%B8

耐用年数はおよそ40~50年(480~600ヶ月)

PAK-FAの空力特性は、F-22よりも「少し保守的」との事

二面図から言えば、武装は胴体中心線のウェポンベイに4発のR-37:BVR用長距離ミサイルが主武装だろう。ウェポンベイの形状にもよるが、R-77はこれの二倍かもしれない

また、主翼付け根部には中途半端な大きさにフェアリングがあり、短距離ミサイル用のウェポンベイと思われる

また、週刊オブイェクトのJSF氏が指摘しているように、エアインテイクがF-22と同様のダイバータ型になっている

週刊オブイェクト:ロシア新型ステルス戦闘機"PAK FA"初飛行に成功
http://obiekt.seesaa.net/article/139706714.html

エアインテークはF-22と同じくダイバータが付いています。F-35のようなダイバータレスではない模様。



さらに、主翼はテーパー翼、水平尾翼はF-22同様に主翼に喰い込む様に作られている

また、動画を見る限り垂直尾翼は小さく、珍しく全遊動式だ

TFR氏が言及しているように、高迎え角飛行時に問題が出るものと推測されるが、それを無理やり三次元ノズルとフライバイワイヤで制御するのだろう。さらにはエアインテーク上部のストレーキ前縁が可動になっている

シベリアンジョーク集積所:PAKFA(ロシアの次世代戦闘機)初飛行
http://tfr.seesaa.net/article/139784941.html#more

PAKFAで目に付くのは空気取り入れ口の上縁空気取り入れ口上部のストレーキ前縁が可動になっていることもさが、
これが制御翼面なのか、それともマッハ数の変化に応じて衝撃波位置を変えるためなのかどうかは、モサにはわからないもさ。



「PAKFAは垂直尾翼の背丈が低い分、F-22やATD-Xに比べて高迎角では垂直尾翼の効き低下が早い」
と言えるはずもさ。
これをForeBodyやLEF、さらには空気取り入れ口上縁ストレーキ前縁の制御によって補えるのかもモサには判らないもさ。



機体下面の画像を見る限りでは、インテークは真っ直ぐになっていてステルス性は何処まであるのかは不明。レーダーブロッカーを採用していると思われる

キャノピーは分割式でF-35の様に内側から強化したりしている物ではない。また縦にも分割が入っている。またキャノピーは透明で、レーダーをキャノピー内部に入れない様に対電波コーティング処理(金箔あるいはITO(Indium Tin Oxide)がされていないとみられる

前輪タイヤはダブルタイヤ(Su-27ではシングル)である

シア・クァンファ氏の指摘によれば、エンジンはAL-41Fと言う量産型にも適用されるエンジンだとの事

ロシア・ソ連海軍報道・情報管理部機動六課:ロシア第5世代戦闘機T-50(PAK-FA)は、新型エンジンを装備して初飛行した
http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/40818310.html

【第5世代戦闘機は、新型エンジン搭載による飛行を完了した】
モスクワ、1月29日(ロシア通信社ノーボスチ)

金曜日の第5世代戦闘機の初飛行は、ロシア科学・生産連合(NPO)「サトゥルン」が製造した新型エンジンを装備して実施された。
同社広報サービスは発表した。

「飛行実験機で必要な量の試験を完了した後、新しいエンジンを搭載して第5世代航空機の初飛行が行なわれました」
広報部は伝えた。

「スホーイ」広報サービスが金曜日に伝えたように、前線航空隊将来航空機複合体PAK-FA試作機は、
コムソモリスク・ナ・アムーレ工場飛行場を離陸、47分間に渡って飛行し、同飛行場へ着陸した。

航空機は、ロシア連邦試験飛行士セルゲイ・ボグダンによって操縦された。

科学・生産連合「サトゥルン」広報サービスは、第5世代航空機の為のエンジンは、飛行実験機Su-27Mに搭載され、1月21日、モスクワのジューコフスキーで初飛行に成功したと発表した。
飛行は45分間に渡って成功裡に行なわれ、エンジンの動作が観察された。


【戦闘機T -50のエンジンは、ロシアにも世界にも同じ物が無い】
モスクワ、1月29日(ロシア通信社ノーボスチ)

金曜日、第5世代戦闘機前線航空隊将来航空機複合体(PAK-FA)T-50は、ロシアにも世界にも同じ物が無い全く新しいエンジンにより初飛行を終えた。
科学・生産連合(NPO)「サトゥルン」総務部長、統合エンジン製造会社(ODK)のPAK-FAプログラム主任イリヤ・フョードロフは、ロシア通信社ノーボスチに伝えた。

「これは最新のエンジンであり、複数のメディアや"専門家"が言っているようなSu-35と同型のパワープラントの改良型では有りません。
それは、スホーイ商会の為に、全ての条件を満たしております」
フョードロフは話した。

(新型エンジンは)超機動性を含む航空機の新しい特徴の為に、Su-35のエンジンと比較して高推力、自動制御複合システムといった特徴を有する事にフョードロフは注意を促した後、今、エンジンのより詳しい性能を明かす事はできないと強調した。

彼は、エンジンが、この4年間で開発されたと伝えた。
「既に、全ての複合体は、充分な量の試験を経ています」
総務部長は話した。

同時にフョードロフは、現在、別のユニットが試験を経て改善されている事を強調した。



21日にこのエンジンをSu-27Mが搭載・試験していた模様
http://www.rg.ru/2010/01/28/samolet-anons.html

この試作機にはレーダーが無いものの、レドームは完成しており、機首にはIRSTのフェアリングがある。さらに、スマートスキンレーダーも採用される

AESAレーダー
795px-PAK_FA_AESA_maks2009.jpg
スマートスキンレーダー
800px-AESA_L_NIIP_maks2009.jpg
IRST
573px-OLS-for-Su-aircrafts.jpg

当ブログ「SS」及び「防衛研究」には著作権があり、無許可転用を禁ずる(転用の際にはトラックバックを送られたし)

軍事研究番外編:C-X改めXC-2祝進空+PAK-FA初飛行

今帰って来ました。C-X飛んだ? よし、無事飛んでます!週刊オブイェクト:「新型輸送機XC-2が無事に初飛行に成功!http://obiekt.seesaa.net/article/139435696.html#20100127000809



先程、無事飛んだようです。keenedgeの湯治場:「祝 XC-2初飛行であります。」http://keenedge.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/xc-2-ceda.html



とにかく飛びましたよXC-2!やっとですねwシステムオールグリーン:C-X改めXC-2初飛行!!http://f22j.blog118.fc2.com/blog-entry-197.html



XC-2初飛行おめでとうモサいますCHFの日記-と言う名の駄文倉庫:「祝初飛行」http://d.hatena.ne.jp/heinkel/20100126



ようやく・・・飛んでくれました





後日、詳しい報告をさせて頂きます

いやはや、ようやく第一段階、と言った所です

ロシアの第五世代機、PAK-FAの試作機が29日に初飛行しました

ロシアらしい独特のスタイルです。此方も後日詳しくお伝えします

軍事研究第29回:普天間基地移転の問題

普天間基地問題で日米が揺れている

一旦は自民党政権で合意に至ったこの問題なのだが、政権交替した所為で揺れている

日米合意案以上の優れた案はないと、私は断言する。理由は以下の通り

1:日米合理が履行されれば、普天間基地に海兵隊の航空部隊を置いておくよりも安全となりえる。まず第一に、住宅地上空を通らないからだ

2:日米合意案のキャンプシュワブ沿岸ならば、台湾海峡への有事に即応できる。台北へのヘリボーンによる直接介入が可能となる

3:台湾有事に米国が即応介入出来る事は中国への大きな牽制力となる=日本のシーレーン防衛に繋がる

4:沖縄に普天間飛行場の代替があれば、嘉手納・那覇基地が攻撃を受けた際のダイバート基地となる

5:台湾有事時に下地島に前線基地を置く為の拠点となりえる

週刊オブイェクトでも取り上げられている事だ

週刊オブィエクト:なぜ普天間基地移設先は沖縄県内でなければならないのか

普天間基地移設先は沖縄県内でなければならない理由・・・それは、地政学などといった御大層な代物を持ち出すまでもありません。事は単純に「ヘリコプターの航続距離の関係」だからです。



仮に台湾有事が発生した場合、中国軍はミサイル・航空攻撃の他、特殊部隊の奇襲による台湾政府/国防関係者の人質が予想される。まあ、その気になれば上層部ごと吹っ飛ばすだろうけどね

そうなってしまえば、台湾軍の指揮系統は崩壊してしまう為に保険が必要になる。それが沖縄の海兵隊だ。仮にそのような事態となった場合に即座に介入、中国軍を抑えつつ第7艦隊の増援を待つ作戦となるであろう

即応戦力の中核となるのは岩国の海兵隊航空隊や、嘉手納の空軍部隊、第3海兵遠征軍揮下の海兵隊第31遠征隊及びヘリ部隊(第一海兵航空団)だ

海兵隊組織図
http://www.special-warfare.net/data_base/102_military_unit/001_military_us/us_marine_01.html

海兵隊第31遠征隊

今回普天間から移転するのは海兵隊第31遠征隊と同隊を運搬する第36海兵航空群(その他には第1海兵航空団第18海兵航空管制群や第17海兵航空支援群第172海兵航空支援中隊)である。即ち、ヘリ基地(兼固定翼機基地)を移動させると言う事だ(下線部は戦闘部隊)

第一海兵航空団はレガシーホーネット(F/A-18C/D)やハリアーを運用しているが、これらは普天間には常駐せず、岩国基地をホームベースとしている

普天間所属ヘリ
CH-46E中型ヘリ(25名兵員輸送可) 24機
CH-53E大型ヘリ(56名兵員輸送可) 15機
AH-1W軽攻撃ヘリ 10機
UH-1N指揮連絡ヘリ 7機

CH-46とCH-53だけで、1440名程度兵員が運べる計算だ。稼働率7割としても、1000名の海兵隊員を運搬可能で、下地島を前線基地として確保し、そこで帰還中に給油を行うのであれば沖縄からでも台湾と往復できる

第31遠征隊の兵員は僅かに2000名程度だ。だが、台湾有事への介入を米国が示すとなれば、中国はうかつに手を出せなくなる。第7艦隊に介入されれば、台湾軍事併合は難しくなる。これが米国の対中抑止力となる訳だ

この普天間基地が県外に行くとなれば、この作戦は取れなくなる(※理由は後述)対中抑止力の柱の一つなのだ。なので米国は民主党の姿勢に大反発している訳だ

※ヘリは戦闘機と違い全天候能力はない。また、上限高度は固定翼機より悪いので雲上飛行能力に乏しいので天候に左右されやすい。さらに航続距離も大型ヘリのCH-53Eでも航続距離が2070km(空荷での空輸時、往復や兵員数、戦闘の事を考慮すると戦闘行動半径は500~600km程度となる)しか無いので、グアムどころか日本本土に移転した場合でも台湾有事には即介入が難しい。

C-130輸送機での空輸の場合だと航空優勢が取れている上で、すぐに部隊展開が可能な土地(空港、もしくはエアボーン可能な平地)があり、その展開可能な土地と台北との距離が離れていないという3点が求められてしまうので、余計に難しい(航空優勢が必要なのはヘリでも同じだが、ヘリならば直接台北に乗りつけ可能、展開する土地の制限はあまりない)

当ブログ「SS」及び「防衛研究」には著作権があり、無許可転用を禁ずる

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。